雨漏り修理は「屋根工事.net」にお任せ下さい!

大阪・和歌山で雨漏りでお困りの方へ
お問い合わせ

雨漏りは一番身近で一番深刻な事

雨漏りは家にとって「一番身近で一番深刻」な事です。実際に雨漏りに気付くきっかけは「天井から雨水がポタポタと落ちてきた時」が一番多く、雨が止んだらすぐに雫が止まる事がほとんどなので、そのまま放置される方が多いです

しかし、一度雨漏りした時点でもうすでに雨水の侵入経路が出来てしまっていますし、通気性の良い天井はすぐに乾きますが、極端に換気の少ない屋根裏の水は中々そうはいきません。家の基礎材の木にとって水は天敵であり、屋根裏の状態は常に高温多湿状態です。雨漏りで侵入した雨水がさらに湿度を上げ、屋根裏の木材を痛めます。表面に見えている雨漏りの状態は大したことなく感じても、それは氷山の一角である事が多くあります。人間の体も家も、電化製品もなんでもそうですが、小さな不具合を放っておくと、そこから壊れていきます。小さな歪みが侵食されて大きな歪みになります。雨漏りは決して一時的なものではありません。雨漏りは家からのSOS信号なのです。

雨漏りは一時的なもの?

3日も経てばうっすらとシミがあるだけになるので表面的には確かにそう見えます。
だからといって「これくらい大丈夫かな?」と放っておくと、構造的な部分や裏側で被害が広がり、修理に莫大な費用が掛かるようになる恐れがあります。

「でも、修理費用って高いんでしょ?色んなサイトを見たけど、値段が載ってなくて不安で…」 「あれもこれも修理が必要だと脅されるんじゃないかと…」という声をよく聞きました。

そこで私たち屋根工事.netは、雨漏りで困っているお客さんが、「いくらかかるのか?ややこしいんじゃないか?」という心配をせずに連絡出来る場所が必要だと考えました。

雨漏りは放置しておいても良いことはひとつもありません。
「DIYで治したかったんだけど駄目でした」大丈夫です!私たちにお任せ下さい!
応急処置だけでももちろん大丈夫なので、まずはお気軽にご連絡下さい。

私たちは可能であれば、まずは無料の応急処置で様子を見ていただきます

 

応急処置・点検レポート

 →大阪府大東市 賃貸物件の雨漏りの無料応急処置

 →和歌山県某所のauショップ様の雨漏り点検・応急処置

 →奈良県橿原市 T様邸の釉薬瓦屋根の谷瓦ズレ無料修理

 →和歌山県 和歌山市 M様邸の雨漏り調査

 →和歌山県 有田市 Y様邸 カーポート雨漏り無料点検

 →大阪府 松原市 T様 シャッター付きガレージの雨漏り無料点検

 →大阪府 住吉区 文化住宅の雨漏り調査

 →和歌山ぶらくり商店街の服屋さん 雨漏り調査

■ 天井にうっすらシミみたいなものが…、雨漏りかな?

ジプトーン天井の雨漏りシミ天井のシミが原因で調査をした物件の中には雨漏りは勿論、配管の継ぎ手などからの水漏れ・または鉄筋の結露・珍しい例では、ねずみのおしっこだった、という事もありました。雨漏りや配管の不良の場合は、今も柱や梁を伝って天井や壁の内側へ水が染みていますので、早めの点検・修理をお勧め致します。シミが出来てしまった天井材を替える予定であれば、思い切って穴を空けてみれば雨漏りの原因が判明するかもしれませんよ。その前に近くに点検庫があればそこから覗いてみる事をお勧め致します。

 

 

■ 屋上の防水層不良による雨漏り

屋上の防水不良写真小さな雨漏りを見逃していませんか?一部分の雨漏りでも放置していると、全体に水が廻り大きな補修工事が必要になる場合もあります。家自体の寿命にも関わりますので、小さな雨漏りでも早めの修理をお勧め致します。 ビルの屋上部分や陸屋根、ベランダなどのFRP防水ウレタン防水の劣化の修理や、防水工事もお任せ下さい。ご予算や状況を考慮してご提案させて頂きます。集合住宅は雨漏りしてしまうと借主さまにご迷惑が掛かり、内装の修繕費も必要になってしまいます。屋根工事.netはマンションやハイツ、アパートや文化住宅などの屋上防水も良くご依頼頂いております。また、給配水管からの水漏れの調査も無料で賜っておりますのでお気軽にご連絡下さいませ。

 

■ 修理をしたのに、また雨漏りがする!

木目天井板の雨漏りシミ写真雨漏りしている箇所と、雨水の侵入場所が同じとは限りません。外からは見えない屋根裏などの構造や施工を見て、雨漏りの原因を突き止めるのがポイントです。 最小の工事で雨漏りを止めるのが理想です。 他の業者さんに依頼したが一向に雨漏りが止まらない、と依頼を頂くケースも結構あります。見当違いな修理ばかりやって費用が嵩んでしまったケースも良く聞きます。雨漏りは本当に総合的な知識と、センスが必要になってきます。

 

 

■ バルコニーやベランダの雨漏り

ベランダ下の雨漏りシミ写真直射日光や雨を受けやすい場所なので、温度差や湿気で壁・床・柱などが伸縮し、防水層のひび割れや剥離が起こる事があります。分かり難い場所なので、まず内側、外側の状況把握が重要です(木造の床がブカブカする等)。 立ち上がり部分に小さな穴が開いていませんか?ベランダの近くの雨漏りでは、これが原因のケースが結構多いです。

大体のベランダの中身は木造なので、防水の劣化はなるべく早く相談した方が良いでしょう。また、水の通り道に不具合があるケースもあります。雨樋が詰まったり、排水ドレーンを掃除・点検してみて下さい。勿論、ベランダ周りなのにその他の事が原因で雨漏りしているケースもあります。ホースなどで水をかけてテストしてみれば特定に繋がる場合もあります。その際は、自然におこりうる角度で散水して下さい。変な方向から水をかけると、状況を悪化させてしまう場合もあります。毛細管現象など、水は時として予想だにしない経路を作ります

■ 壁の目地やヒビからの雨漏りもあります!

サイディング目地からの雨漏り写真雨漏りは天井だけでなく壁からのケースもあります。防水材や目地シーリング材の劣化・ひび割れ・浮き・欠損などが原因となるケースです。また、天井と違って発生がわかり難く、柱づたいに床にまで影響する事もあります。 サイディングの下には、断熱材と防水シートがありますが、断熱材に雨がたまり、容量をオーバーしたら家の中の壁紙がはがれたり、シミが出来たりして気付くパターンが多いです。この場合、目に見える被害の部分は氷山の一角な事が多いので、早めの対応をお勧め致します。

 

■ 窓やサッシ周りから雨漏りが!

サッシの木枠の雨漏りシミ写真開け閉めする場所なので、雨漏りであっても、雨漏りとはわかり難い場所です。窓枠やガラス周り、サッシ枠と壁のつなぎ目など、それらの家を建てた当初の取付順序の影響もあります。

 

サッシの上部から雨漏りするケース

外部のサッシ上部に溜まった雨水を通気シートやフェルトが吸ってしまい風が吹くとサッシ裏側から雨漏りする。
この場合の対処方法は、サイディング等を外して防水テープやコーキングで処理をします。
また、通気シートをサッシの下場まで張り下げないで、サイディングを貼り、窓の両サイドをコーキングします。これでたいていの雨漏りは治ります。

サッシからの雨漏りの場合、窯業系サイディングでありサッシの上にジョイント部がある場合は、そこのコーキングの劣化が原因で雨漏りしている可能性が高いです。

そして、サッシからの雨漏りはサッシの窓枠内部の上からポタポタとくるケースが殆どです。

通常、サッシ上側と窯業系サイディングの取り合いは、サッシ窓との取り合いの上側の両サイドの部分のみコーキングする仕方が普通の施工の仕方です。

それでも雨漏りが止まらない場合は、サッシ上部からの雨の吹き込みのケースも想定して残りの隙間もコーキングで埋めてしまおうとしますが、これではほとんどの雨漏りは止まりません。
一時的には雨漏りが止まるかもしれませんが、月日が経ってくると同じ所から雨漏りが発生するケースがあります。

これは、端的にコーキングが悪いと決め付けたための判断で処置しただけの場合に多いです。

■ エアコン周りや排水管・給水管が原因の雨漏り(水漏れ)も!

給水管や配水管・エアコンドレーンの雨漏り写真室外機との接続などもあり、結露の水滴などと勘違いもあるようです。実際は、壁内側の配管からの水漏れのケースもありますので、しっかり壁裏まで確認が必要です。 マンションやアパートなどの集合住宅での室内の雨漏りは、排水管や給水管の接合部分から、塩ビパイプの劣化によるヒビからの水漏れの場合が多く、屋上の下の部屋の場合は、ドレーン周りや、屋上の防水切れが原因の場合が多いです。

 

 

■ タイルからの雨漏りも結構あります!

ama_tairu.jpg外壁がタイルの場合、タイル目地からの雨漏りの可能性もあります。これは以外とメジャーな事例なんですが、写真のように斜めになっているタイル外壁は雨漏りしやすくなっています。目地からの場合もありますが、タイルが割れてそこから雨漏りしている場合もあります。対処方法としては、カバー工法で屋根を作ったり、タイルガードを塗ったりとご予算に応じて対応出来ますが、応急処置としては、目地を透明のシリコンでコーキングするので良いでしょう。高い場所にあるので、簡単に出来ないケースが多いので決して無理はしないで下さい。
お問合せ・ご相談はこちら
サービスエリア 大阪府・和歌山県・京都府・奈良県・兵庫県
▲このページのトップに戻る