大阪府阪南市I様邸の漆喰詰めなおし工事

 [2011年05月23日] 

皆様こんばんは。

 

最近よく登場するようになった大畑です。
本日も精一杯「工事ブログ」を担当させていただきます。


さて本日の現場は大阪府阪南市I様邸の漆喰詰めなおし工事です。

 

先日雨漏りをしているとのご依頼を頂きました。
このホームページを見てのご依頼です。
有難うございます。

 

点検を行ったところ特に瓦が割れているところはありませんでしたが、
屋根の漆喰が劣化によりボロボロになっていました。
強い雨が降ると雨水が入って雨漏りするという状態でした。


IMG_1311.jpg


IMG_1310.jpg


IMG_1309.jpg

 

 

お客様のご希望で、雨漏りしてくる箇所だけの詰めなおし工事を行いました。
IMG_1343.jpg

 

 

8m程の詰めなおしだったので半日ちょっとほどで完了しました。
IMG_1380.jpg

 


IMG_1383.jpg


中の土もしっかり調整してから漆喰を詰めていますので、
工事前より、かなりしっかりしたものになりました。

 

雨漏りというのはココを直すと絶対に止まるというものではありません。
原因となる可能性の高いところから工事していくものなのです。
私たちはその可能性が少しでも高くなるように細かな所まで点検するようにしています。
今回は漆喰の詰めなおしを行ったことで雨漏りが止まったようで、良かったです。

 


【工事内容詳細】
作業時間:5時間
工事内容:漆喰詰めなおし(8m)
工事価格:47,000円

雨漏りのことはもちろん、屋根に関する事は、
どんな事でもお気軽にご相談下さい。

私達「屋根工事.net」はお客様・お客様の家屋にとっての1番を常にご提案致します。

ではでは。

お問い合わせ

和歌山県海南市 N様邸の外壁目地コーキング打ち替え工事

 [2011年05月20日]

皆様こんばんは。

 

 

朝が苦手の大畑です。
最近毎日暑いですね。僕もとうとう半袖になりました。

 


さて、先日和歌山県海南市 N様邸の外壁目地コーキング打ち替え工事に行ってきたのでご報告でします。

 


HPを見てご依頼いただきました。

 

 

コーキングが太陽の熱や紫外線・雨にやられてボロボロになり下地が見えてしまっていました。
IMG_3405.jpg 

 

IMG_3404.jpg

 

 

早速足場を設置し工事にとりかかりました。。

 

 

既存コーキングの撤去


DSCF1399.jpg 

 

DSCF1404.jpg

 

 

マスキング貼り  プライマー塗り

 

aDSCF1396.jpg 

aDSCF1401.jpg 

DSCF1409.jpg

 

コーキング打ち  コーキングナイフで押さえる  マスキング剥し
DSCF1406.jpg 

 

aDFF1437.jpg

 

完成
DSCF1418.jpg 

 

サッシ廻りや外壁目地のコーキングが剥がれたり、ボロボロになってしまうと、
壁から雨水が入り、外壁ボードが浮き上がってきたり腐ったりし雨漏りしてしまう可能性があります。

 

外壁ボードの中には防水シートがある為、目地から雨水が浸入しても防水シートが室内への侵入を防いでくれますが防水シートも年数と共に劣化してしまうので、早く処理するに越した事はありません。

※たまに、釘穴から浸入してくるケースもあります。

皆様も一度、サッシ廻りや外壁のコーキングの状態をチェックしてみて下さい。
コーキングが剥がれ落ちていたり、ボロボロになっていると打ち替えのサインです。
雨漏りしてしまうと、基礎の木材が弱り、腐ってしまう可能性があります。


私達「屋根工事.net」では、屋根工事は勿論、外壁の補修や工事も行っています。
家屋を健康で長持ちさせる為最善のご提案を致します。お気軽にご相談下さい。

 


【工事内容詳細】
作業時間:3日(足場掛け払い含む)
工事内容:サッシ廻りコーキング打ち替え工事(94m)
工事価格:140,000円(足場代込み)    

 

お問い合わせ

大阪府堺市金岡町の和瓦屋根の雨漏り(ラバーコーキングの棟)

 [2011年05月09日]

皆様こんばんは。
工事ブログを初めて担当した若さと元気が取り柄の大畑です。

さて、本日は以前に雨漏りの依頼を頂きました
大阪府堺市金岡町の和瓦屋根の雨漏り(ラバーコーキングの棟)の続きで、
応急処置だけでなく工事をしてほしいとのことでご報告します。

 


まずは前回のおさらいからですね
現場はいぶし銀の瓦がカッコいい家でしたね


IMG_3847.jpg

 

 調査してみると
 ↓
 天井にしみが!!
IMG_3842.jpg

 

IMG_3843.jpg 


 さらに調査してみると
 ↓
 4メートルほどある棟の上の方から雨が侵入して
 ↓
 一番下のこの部分まで来て
 ↓
 逃げ場がないので土に染み込み
 ↓
 下の天井裏まで伝って雨漏りした事が判明
 ↓
ということで早速工事にとりかかりました。

 


DSCF1473.jpg

 

まずは、棟の瓦を取り除き…

       ↓


DSCF1480.jpg

 

下地の土も取り除き…

       ↓


DSCF1490.jpg

 

新たなルーフィング(防水シート)を被せ…

       ↓


DSCF1547.jpg

 

新たな土で下地を作って、瓦を戻し…

       ↓


DSCF1559.jpg

 

完成 です!

 

DSCF1487.jpg

漆喰の部分には、シルガードという撥水性に優れた漆喰を使用します。 

コストはあまり変わらず末永く良い仕事をしてくれます。

 

 


【工事内容詳細】
作業時間:8時間
工事価格:150000円

 

ラバーコーキングは、瓦がズレたりするのを防ぐ為にコーキング(シリコン)で瓦と瓦を止める事なんですが 、
不適切なラバーコーキングが原因で雨漏りする事は結構メジャーなんです。
 (屋根材に適したコーキングなら問題ないです。)
良い瓦を使っていると、表面上からだけでは傷みや劣化はわかりませんが、
土葺きの瓦屋根の場合、経年によって土が痩せて、ルーフィングが破れます
ちょっとした雨シミや気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

ではでは。

お問い合わせ
お問合せ・ご相談はこちら
サービスエリア 大阪府・和歌山県・京都府・奈良県・兵庫県
▲このページのトップに戻る